誰でもわかるチェックポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
新コーナーです。今後は、正しい作業の見分け方を写真で解説いたします。

 2022年(令和4年)は、お客様の了解のもと、ユーチューブに掲載していきたいと思います。

◎取り残しのウエイト痕とは

タイヤ組換え時は、必ず、前回のバランスウエイトを外して、バランス調整するわけですが、その際、ホイール内側を綺麗にしてからバランス調整をするのが基本です。しかし、現状は、違います。
①ホイール内部は必ずチェック(扁平40、35、30、25、20)
金属用具をホイールに直接あてる作業の時代は、終わりつつあります。 後悔する前にまずは、下の画像をご覧ください。タイヤサイズは、255/30-22です。
タイヤを外すとびっくりするような金属傷が・・・・。あなたのホイールも外見は、綺麗でも内部は、こうなっているかもしれません。
金属製タイヤレバーや金属製の用具を直接あてて、作業するお店であれば、大なり小なり必ず金属傷が入ることを理解の上で、作業を依頼しましょう。あなたが選んだお店なのですから・・・・。
②リフトアップ箇所の手抜き写真です。できる限り、お客様もご一緒にチェックしましょう。ミニバン特にハイブリッドの車両は車重があるので間違った箇所でリフトアップするとこの様になってしまいますので要注意です!!

お客様もこの状況を初めてご覧になり驚いておられました。