お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

当店からのお願い

当店では、予約のお客様の待ち時間をなくすために、予約時間には、余裕をもってとってあります。しかし、予約時間に30分以上遅れる場合は、事前にご連絡ください。次の予約のお客様への影響がでてきますので、時間変更、若しくは、予約日の変更をお願いすることもございます。ご予約のお客様にご迷惑をかけないためにも、ご協力をお願いいたします。【2014.11.16】

ご予約・お問い合わせ時のお願い

◎今後、こちらからも確認いたしますが、車からの脱着のいらないタイヤ持ち込み交換については、事前にメールに入れて下されば、(脱着なしとご記入)助かります。作業工程が少なくなる事(作業時間の短縮)で、予約待ちのお客様を入れる事が出来るからです。【2014.10.14】 ◎自動車・オートバイ(バイク)の車種により、締付トルク等が異なる場合がよくありますので、事前に車種をお知らせください。特にオートバイ(バイク)のお客様は、取り外す部品がたくさんあります、その箇所によって締付トルクが大きく違いますので、事前にお知らせください。(オートバイの場合、サービスマニュアルをお持ちの方は、事前に各箇所のトルクをお調べいただければ助かります。)

お知らせ

(本年度2回目) 高性能バランサーの校正試験実施 

  1. ゼロシャフトキャリブレーション点検実施(回転軸の異常点検)⇒ 異常なし
  2. ゲージキャリブレーションの実施(校正用試験タイヤで測定ゲージが正しく測定をしているかの確認調整試験)⇒測定ゲージの再調整終了⇒異常なし
  3. セルフキャリブレーションの実施(校正用試験タイヤで正確にバランス測定をしているかの確認調整試験)⇒異常なし
  4. 毎日測定しているバランサーは、高性能であっても少しずつ狂いが生じてきます。その狂いを定期的に精密点検を実施し、校正することで、わずかな狂いも修正され、正しくバランス測定ができるのです。下記写真は、今年2回目、校正専用タイヤホイールでの校正点検様子写真の一部です。

★朗報★四輪車ナット取付状態でのバランス調整モニター実施

本日、タイヤバランサーの固定方法によって、測定結果誤差の確認をいたしました。四輪車は、通常バランス調整を実施する場合は、ほとんどのタイヤ専門店は、テーパーコーンを装着し、バランス調整を実施しています。当店も開店以降そうでした。しかし、四輪車でもテーパーコーンと実車時と同じナット固定時でのバランス調整結果が違うことが分かったのです。つまり、ナット固定時でのバランス調整は、間違いなく実走行に近い状態での測定なので通常のテーパーコーンでのバランス調整よりも正確だったのです。これまで、ご来店されたお客様のご希望でナット締め状態でのバランス調整を実施した車両は、全てハンドルの振れが直っていました。私自身も四輪車に限って、テーパーコーン固定測定とナット固定測定の違いは、あまりないだろうと思っていましたが、本日、愛車で測定後、その違いを実感できましたので、自信をもってお勧めいたします。


3周年記念キャンペーンとして、通常は、特殊器具装着でのバランス調整工賃1本1,000円を4月20日~5月20日まで、1本500円で、モニター(結果報告のお願い)を兼ねて、実施させていただきます。アライメント調整をしてもハンドルの振れが直らない、足回りを正しく調整してもハンドルの振れが直らない、正しくタイヤを組み込んでもハンドルの振れが直らないお客様は、一度、ご来店されは、いかがでしょうか?※対象は、バランス調整のみのお客様に限ります

連日、遠方からのご来店ありがとうございます

連日、ご予約後、福井県、石川県、岐阜県、新潟県からのご来店ありがとうございます。今後、県内外の遠方からご来店のお客様には、ご予約時間に余裕をもってお越しいただいておりますが、道路事情等により遅れる場合は、事前にご連絡いただければ、大丈夫ですので、事故等に十分注意され安全運転でお越しください。

バイク用ミニ練習コース解放【2017年4月1日~】

当店のお客様に限り、当店裏、ミニコースをオートバイの練習に限り無料開放(営業時間内に限る)いたします。初めてのお客様は、500円の有料(当日のみ有効)となります。腕に自信のある方も自信のない方も自分のレベルチェックにいかがですか? ハンドルが切れないロードバイクの練習方法もありますので、一度、練習してみては、いかがですか?バイクをお持ちでないお客様は、1300㏄のロードバイクとトライアル車を有料でお貸しします。