☆将来☆独立経営目標の従業員、アルバイト募集☆

☆オートバイ・自動車の整備が好きな方に限る☆  

  • 【給与】 時給1,000円~能力に応じて、アップ可能。
  • 【勤務時間】9:30~18:00。
  • 【仕事内容】タイヤ履き替え、組み換え作業等。事前に実施研修あり。
  • 【その他】 普通・二輪免許要。自動車整備学校生大歓迎。

(本年度2回目) 高性能バランサーの校正試験実施 

  1. ゼロシャフトキャリブレーション点検実施(回転軸の異常点検)⇒ 異常なし
  2. ゲージキャリブレーションの実施(校正用試験タイヤで測定ゲージが正しく測定をしているかの確認調整試験)⇒測定ゲージの再調整終了⇒異常なし
  3. セルフキャリブレーションの実施(校正用試験タイヤで正確にバランス測定をしているかの確認調整試験)⇒異常なし
  4. 毎日測定しているバランサーは、高性能であっても少しずつ狂いが生じてきます。その狂いを定期的に精密点検を実施し、校正することで、わずかな狂いも修正され、正しくバランス測定ができるのです。下記写真は、今年2回目、校正専用タイヤホイールでの校正点検様子写真の一部です。

★朗報★四輪車ナット取付状態でのバランス調整モニター実施

本日、タイヤバランサーの固定方法によって、測定結果誤差の確認をいたしました。四輪車は、通常バランス調整を実施する場合は、ほとんどのタイヤ専門店は、テーパーコーンを装着し、バランス調整を実施しています。当店も開店以降そうでした。しかし、四輪車でもテーパーコーンと実車時と同じナット固定時でのバランス調整結果が違うことが分かったのです。つまり、ナット固定時でのバランス調整は、間違いなく実走行に近い状態での測定なので通常のテーパーコーンでのバランス調整よりも正確だったのです。これまで、ご来店されたお客様のご希望でナット締め状態でのバランス調整を実施した車両は、全てハンドルの振れが直っていました。私自身も四輪車に限って、テーパーコーン固定測定とナット固定測定の違いは、あまりないだろうと思っていましたが、本日、愛車で測定後、その違いを実感できましたので、自信をもってお勧めいたします。


3周年記念キャンペーンとして、通常は、特殊器具装着でのバランス調整工賃1本1,000円を4月20日~5月20日まで、1本500円で、モニター(結果報告のお願い)を兼ねて、実施させていただきます。アライメント調整をしてもハンドルの振れが直らない、足回りを正しく調整してもハンドルの振れが直らない、正しくタイヤを組み込んでもハンドルの振れが直らないお客様は、一度、ご来店されは、いかがでしょうか?※対象は、バランス調整のみのお客様に限ります

連日、遠方からのご来店ありがとうございます

連日、ご予約後、福井県、石川県、岐阜県、新潟県からのご来店ありがとうございます。今後、県内外の遠方からご来店のお客様には、ご予約時間に余裕をもってお越しいただいておりますが、道路事情等により遅れる場合は、事前にご連絡いただければ、大丈夫ですので、事故等に十分注意され安全運転でお越しください。

バイク用ミニ練習コース解放【2017年4月1日~】

当店のお客様に限り、当店裏、ミニコースをオートバイの練習に限り無料開放(営業時間内に限る)いたします。初めてのお客様は、500円の有料(当日のみ有効)となります。腕に自信のある方も自信のない方も自分のレベルチェックにいかがですか? ハンドルが切れないロードバイクの練習方法もありますので、一度、練習してみては、いかがですか?バイクをお持ちでないお客様は、1300㏄のロードバイクとトライアル車を有料でお貸しします。

 

☆従業員、アルバイト募集☆ 

☆オートバイ・自動車の整備が好きな方に限る☆   楽しく仕事ができます

  • 【給与】 時給1,000円~能力に応じて、アップ可能。
  • 【勤務時間】9:00~18:00。
  • 【仕事内容】タイヤ履き替え、組み換え作業補助等。事前に実施研修あり。
  • 【その他】 普通免許要。自動車整備学校生大歓迎。

緊急報告 本年度4月1日より、価格改定(値上げ)いたします

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。開店以降、最高の設備機器と技術で最低価格を目指して運営しておりました。しかし、専属税理士から度々、このままでは、営業の継続が困難であるとの指摘を受けておりました。なんとか、消費税が10%になるまでこの価格で頑張っていくつもりで考えておりましたが、経営を継続するためには、値上げに踏みきるしかなくなりましたことをご理解ください


【値上げに至る検討事項】

  • 他店であまり実施していないサービス内容をカットし、通常の組み換え交換に戻すべきか
  • 消耗品価格、追加オプション工賃価格を上げるべきか
  • 当店独自のアルミホイールガリ傷の簡単研磨をお客様の選択制にするべきか

が、大まかな検討事項です。しかし、開店当初からの質の低下は避けたいので、事前にお客様にタイヤ交換時に生じる利害等を説明し、お客様の自己責任において、選択してもらうという方法を採用いたしました。※しかし、緊急を要する危険性がある場合は、お客様が選択された場合でもご説明後、対処させていただきます。


【結論】

  • 開店当初よりのサービス内容の継続決定
  • 組換え工賃価格の継続維持
  • 消耗品、追加オプション工賃価格の値上げ決定
  • 二輪車同様に四輪もバランス調整工賃無料サービスから有料(これまでのウエイト実費代がなくなります)に決定
  • アルミホイールのガリ傷研磨は、事前に必要性の有無を説明後、お客様の選択制とする

となる予定です。質の向上としては、更に目玉がありますので、発表までもうしばらくお待ちください。

プレミアムフライデーに限り時間延長 午後7時00分まで営業

明日から、各企業プレミアムフライデー導入に伴い、当店でも明日からのプレミアムフライデーに限り、時間延長させていただきます。営業時間は、午前9時30分から午後7時00迄といたします。これまで、仕事の都合でタイヤの持ち込みやご相談ができなかったお客様も気軽にお問い合せ下さい。

高性能バランサーの校正試験実施(本年度1回目)

今年1回目のバランサーの校正試験を実施し、3項目全ての校正試験の異常なしを確認しました。

  1. ゼロシャフトキャリブレーション点検実施(回転軸の異常点検)⇒ 異常なし
  2. ゲージキャリブレーションの実施(校正用試験タイヤで測定ゲージが正しく測定をしているかの確認調整試験)⇒測定ゲージの再調整終了⇒異常なし
  3. セルフキャリブレーションの実施(校正用試験タイヤで正確にバランス測定をしているかの確認調整試験)⇒異常なし

昨年も説明していますが、毎日測定しているバランサーは、高性能であっても少しずつ狂いが生じてきます。その狂いを定期的に精密点検を実施し、校正することで、わずかな狂いも修正され、正しくバランス測定ができるのです。下記写真は、セルフキャリブレーションの校正点検の様子です。